hotupekaaru’s blog

昭和ヤマトをこよなく愛している女

どっぷりこS49

  怪異          37

 

気心の知れた人が集まると、自分の体験を話して聞いてもらうことがある。過去の楽しかったこと、腹が立ったこと、そして結構盛り上がるのが不思議な出来事を経験したことだ。皆んな一つや二つは持っているので、「へえ〜😳」とお互いになるのだ。 

             

宇宙戦艦ヤマトのストーリーは科学的根拠に基づいて、この先未来で人が発見出来るかもしれない事柄や(たとえばワープ航法など)リアルさも大事にされているが、宇宙空間にメッセージと共に投影される松本零士先生の美女はとても神秘的だ。😍    ドラマの演出でも昭和では空に、心に思う愛しい人が姿を現したりするが今はそういうのはベタなのか、あんまり無いようだ。現実そんなことが本当にあったらビックリだろう。  けど、霊感など全然無い私の前でも「あれは、何だったんだろう??」と記憶に残り続けていることがある。今回はヤマトから少し離れて、ほっぺかーるの奇妙な

体験を書きたい。

 

🍉祖父が亡くなった次の年の、お盆のことだ。家型のSEIKO製の古くて重いねじ巻き式の置き時計が、実家の床の間におかれていたのだが、それが突然ボーンボーンと鳴り出した。 ネジ巻き用のカギのような道具は、とっくに紛失していて動いてない時計なのに突然カチカチ動きだしたのだ。その時は私しか近くにいなかったので家族に後で話したが、みんな霊など信じてないヤツなので興味なさげだった。だけどたぶん祖父が家に帰ってきたのを知らせたのだろう。その時計は、いつの間にか停止していた。

 

🛸大雨上がりの夜、仕事帰りに大型スーパーで買い物をして駐車場に出た時、何気に空を見上げた。ぶ厚い黒雲の中に巨大な影が浮かんでいた。船の先のような形をした物体が、その真上から光に照らされているように頭上に音もなく浮いていた。幻覚…ではない、一度視線を地面に反らして、また見上げたらスッと黒雲の中に隠れてしまった。周りの人は誰も気付いていないようだった。(絵参照)

 

🌻東日本大震災の年の夏だった。毎年ひまわりを育てている私の目に、朝らせん状の花が飛び込んできた。中心から不揃いの花びらが渦を巻くようにでている。長く、ひまわりを栽培しているがこんな気味の悪い形の花は初めて見た。背筋が寒くなった。なので早々に切り倒してしまった。(絵参照)   翌年は普通の花が咲いて、ホッとした。

 

🌈新しく買ったタブレットで写真を撮りたくて、近くの公園に行った。ちょうど見頃の藤の花が藤棚で満開になっていた。一枚だけ空も入るように花の写真を撮った。青空もキレイでいいのが撮れたなと画面を確認して家に帰った。 家でもう一度その写真を見たら空にハッキリとキレイな虹が架かっていた。知らないうちに、偶然虹をバックにした藤を撮っていたようだ。こんな大きな虹を、なぜ撮った時に気が付かなかったのかわからない。

 

他にも、瞬きしたら消えた走る犬を見た事がある。今は、半分は自分の目を信じていないのだが、時計とひまわり、虹は確かにあったことだ。   あと時々地元のお地蔵様にお参りしているせいか、最近ついていることが多い。☺️こういうことは大歓迎だ!!

どっぷりこS49

いとしい命         36

 

2月に入り、松本零士先生の一周忌が、近づいてきた。本当に早いものだ。そして私が右手首を折って一年経った。歪んだ手首でも絵が描けるのでありがたいと思う。      

ほっぺかーるは、松本零士先生のことを知ったのはヤマトからだった。漫画もヤマトから入って、有名な「銀河鉄道999」や「宇宙海賊キャプテンハーロック」「男おいどん」他、連載中も雑誌で読んでいた。 もちろんコミックスも沢山買った。      先生の作品で、一番私の琴線にふれたのは、実はヤマトではなく、私が女で動物好きだからなのか「トラジマのミーめ」という愛らしい猫ちゃんの物語だ。実際に松本先生が飼っていらした猫ちゃんがモデルらしいが、漫画のミーくんはとても可愛らしい!💓💓☺️ 先生は少女漫画も描いていらしたので、こういう作品はお手のものだったのだろうし動物や虫を描くのが、とてもお上手で素晴らしい!!もちろんヤマトなどメカも素晴らしい!!    私はミーくんのコミックスの初版本を持っているが、少女雑誌に掲載されている時の号は必ず買っていた。私も猫や色々生き物を飼っていたこともあり、ミーくんの話は何度読んでも共感し、切なくて泣いてしまう。       漫画のミーくんはヤマトのミーくんと違っている。ヤマトのミーくんは、ケンカのキズ跡らしきものが顔にあるので多分男の子なのだろう。男猫は冒険の旅に出てしまうことがあるので、よく佐渡先生のそばにいるなぁと思う。気ままな昭和のネコは放し飼いだったし、私の家の猫もほとんど旅に出て帰らなかった。ヤマトのミーくんは、よほど佐渡先生が好きなのだろう。オサケも飲むし、ワープも平気な男前さがある頼もしい子だ。  漫画のミーくんは男の子だったり、女の子だったりしているが、私は女の子のミーくんが好きだ。     

 

ペットは人間より大概命が短いので、お別れが早く来てしまうのが、とても辛い。私が最後に飼っていたのは、砂ネズミの男の子だった。🐭 甘えたり馴れることはなかったが、私の手からエサを取って食べてくれたし、仕草がとても愛らしい子だった。身も心もボロボロで夜勤から帰って来た私は、その子がいることで慰められていた。しかし、ある夏の日その子は死んでしまった。   具合が悪そうだったのに朝私は仕事を取って、獣医に連れて行ってやらなかったのだ。帰ってきたら、もうダメだった。  今まで色々飼ってきたが、その子の死は本当に自分を責めることになってしまって、しばらく毎日泣いてばかりいた。 「ごめんね!ごめんね!」と亡き骸を前に謝り続けた。  肉親の死より辛かったのだ。

それ以来もう生き物は飼っていない。これを書いていても涙が出てくるが、私に生き物を飼う資格は無いと思う。 植物ですら、管理が下手なのに私の所に来てくれた子達に申し訳ないと思っている。   命は、大切にしたい。

どっぷりこS49

艦内の行事予定なし

(4kリマスターが終って)        35

 

令和6年1月25日極寒の夜、最終回のリマスター「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」に行って来た。4回目の鑑賞になるので流石にボロボロ泣くことはなく涙がにじむ程度になったが、リマスター劇場版第一作も通して良い思い出が出来て、とても嬉しい2ヶ月間だった。🥲 振り返って名残惜しく大きなスクリーンをあとにした、ほっぺかーるだ。 3回目に行った際、上映後に拍手した人がいたので、私も一緒に拍手してきた。70ミリ「完結編」以来のことだ。(ブログ 2 参照) 拍手後

なぜか気分はモンモンとしてしまったが。🤔   やっぱり悲しい物語の「さらば」に4回目に行く前の私は、あれは古代君の夢の中の話だと自分に言い聞かせた。だって、その後もヤマトは続いたのだから。パート1の続きは「ヤマト2」の方を取りたい。そうやって自分なりの都合のいい解釈で楽しんだりするから、これからもヤマトは慈しんでいきたい。

 

🌸日本は四季折々を楽しむ文化が豊富にある。花見、梅雨どきの紫陽花、お盆、紅葉狩り雪まつり、ひな祭りなどなど日常の中に時々スペシャルを盛り込んで生活に喜びを特作するのが上手い民族だと思うし、消費拡大にも繋がって国を盛り上げている。  残念ながらヤマトには、そういう季節感のある話が、さほど出てこない。ほとんど地球にいることは無く宇宙を旅して行くビジネスアニメなので、仕方がない。パート1テレビシリーズで、餅つきを雪さんが提案した時は臼と杵でやるのか?と思ったが、どうやら厨房でこしらえたのか第一艦橋に雪さんはできあがった餅をトレーにのせて持ってきていた。   そして見に付けている服にも、あまり季節感が感じられない。雪さん意外、ほとんどオールシーズン対応だと思われる制服でいるヤマトクルーの私服が見たかったが、その雪さんの私服も季節感は曖昧で、花井幸子先生デザインの半袖オールインワンを直前まで着ていたのに「ヤマト2」の発進は確か2201年11月4日だというから、???となった。 まあ、コスモクリーナー後の地球の気候が、安定していなかったのかもと考えても良いが………ヤマト艦内では戦いに備えて、いっぱいいっぱいで行事どころではないのかも知れない。豪華客船ではないのだからイベントなんか予定出来ないだろうが、生活班は何かやりたかったんじゃないだろうか? お固い古代君が浮かれたイベントを許可することは無いだろうし、海軍カレーのようにささやかなメリハリがあったかも知れないが、佐渡先生は、そういうのが上手そうなので勝手にイメージルームで、花見酒や雪見酒をやりそうだ。彼だけは上手くストレス解消していただろう。🍶 ふと思ったが、ヤマト艦内でもクルーに公休日はあったのだろうか?1日寝てることとかあったのだろうか?

   私は、地球に帰ってから四季を楽しんで英雄の丘で花見をするクルー達や、夏の海辺をデートする私服の古代君と雪さんを見てみたいなぁと思う。 現実世界でもそうだが、大変な人生を過ごしてきた人にはその後の生活を大いに楽しんで、幸せになってほしいと思う。

 

ああ、しかし今年は正月から辛いことが起きてしまって厳しい冬になっている。春に桜を眺める時は、例年のような心持ちにはならないだろうな。こういう年もあるんだな…

 

どっぷりこS49

居心地の良い人間関係     34

 

昨日4kリマスター「さらば」2回目を観に行って来たが、平日なのに結構お客が入っていて意外だった。 元祖ヤマトのテーマは血湧き肉躍る!!やっぱりキャラの最後に感極まり、またまた泣いてしまったし前回久しぶりに鑑賞して気が付いたが、私は結構勘違いをして覚えていたことがわかった。 古代君は長官から木星の衛星に出向命令されていたから、どのみち結婚式は出来なくなっていたのだった。 こ、これは、労基案件だ!! 😅いまさらだが地球防衛軍はブラック極まりない職場だ!これでは古代君の気持ちに、火に油を注ぐようなもので、長官は最初からヤマトが強攻出動することを確信していて、わざと無茶な命令をしたと考えられる。斉藤さんを手配するなど、長官は粋で食えない人だ。 😁  「さらば」で終っていたら、英雄の丘に、古代君、雪さん、真田さん、佐渡先生、ミーくん(?)、アナライザー(?)の慰霊碑も並んだのだろうか?土方艦長はどうだろうか?そして「ヤマト2」最終回で生存者の人数にアナライザーは入っていたのだろうか?と、ほっぺかーるは考えてしまった。 すっかりトラウマから抜けた私は安くなった「さらば」の旧DVDを買った💛しかし、まだリマスター映画には行くつもりだ。

 

古代君は、遠慮せずハッキリ物を言うタイプの人なので、いつもケンカやトラブルは避けられない。憧れの沖田艦長に、やり方が似てるので、きちんと相手に詳細な説明もせず言葉も行動も荒っぽいので誤解されやすい。あえて、そうしているのかも知れない。「ヤマトⅢ」で土門君を生活班に配属したのは、彼の器を見込んで幅広い経験を積ませるためと理解しているが、土門君に最初伝わらなかったのも承知の上だったようだ。パート1ラジオドラマでは艦長代理になって島君に勝ったと喜んでいたが、基本用心深く期待せず承認欲求が、あまり無い人なので、たまに褒められると大層照れて、たじろぐ。沖田艦長に怒られてばかりだったから批判には馴れているのだ。☺️ そんな彼の性格を第一艦橋の仲間は、良く理解している。だから彼の指示の元、的確に仕事が進んで行くが、それはヤマトの強さの秘訣の一つだ。古代君は本当に良い仲間に恵まれていると思う。彼の俠気に惚れて、デスラー総統まで良い関係になってしまったし、雪さんのようなイイ女までモノにした彼は人望があると言える。

 

私事だが、昔人生で妙にウマの合う人や、一緒にいて落ち着く人達に出逢うことがあった。親友、職場の人、ヤマトファン仲間、先輩などだったが、残念ながら大好きだった方々とは短い付き合いになってしまうのが私の運命らしい。もはや居所もわからない人ばかりだが、たまに思い出して「あの人だけは幸せになっていてほしいなぁ。元気でいてほしいなぁ。」と懐かしく思う。反対に恨み続けている人もいる。死んでも許せないヤツ☠️もいるから、心は厄介だ。このままで行くと、私は怨霊になる可能性もある。👻

 

居心地の良い人が近くにいてくれたら、どんなに幸せだろう。しかし私は、一人で何でもやってしまうので、そういうものに縁が無いようだ。 だからヤマトの中にそういう美しい夢を見させて貰っているのだ。この出逢いには感謝しているが………

どっぷりこS49

昔、心に残る話を聴いた            

(4kリマスター「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」公開を祝う😊)

                             33

ほっぺかーるは中学の時トラウマになった「さらば」を覚悟して観に行って来た。ストーリーが分かっていても今さらながら、やっぱり泣けた。次々と亡くなる大好きなキャラの潔い姿に、ハンカチが離せなかった。当時はショックで泣けなかったが、今回しっかり泣いたお陰でトラウマが薄まった気がするので、上映後は、スッキリしていた。40数年ぶりに見直して、初めて気が付いたこともあって、あっという間の時間だった。発進のシーンはカッコイイ!!キャラの動きも良かった! やっぱりヤマトは凄い!!

 

私がヤマトの世界に入ったのは、オールナイトニッポンラジオドラマ「宇宙戦艦ヤマト」がきっかけだった。女子中学生の私は、いつも中島みゆき様のオールナイトニッポンを聴いていて、ハガキを読んでもらったりしていたので世間で超ウワサで、クラスの男子に大人気のヤマトなるものに興味を持って、カセットテープを用意し、スタンバイしていた。  そう、あの時の感動は忘れはしない!

声優さん達の熱演、音楽の素晴らしさ、ストーリーの巧みさ、聴き終わった後も夜明けの部屋でじーん💓と余韻を味わっていたのを思い出す。ドラマ途中で寝てしまったという私の友人は馬鹿だなぁ😓と思ってしまった。 古代君が熱い思いを語り、雪さんが生き返るあのハッピーな展開に私は完全にノックアウトされた❤️❤️❤️❤️❤️   当時ちょうど「なかよし」連載中で好きだった「キャンディキャンディ」のストーリーが悲しい展開になってきて、漫画もアニメも見るのを止めた時だった。キャンディの彼氏でイケメンのテリィは古代君の富山敬様が演じられていたのは「ふふふ❤️」となった。富山敬様のお声は、登校前にテレビで見た「ピンポンパン」のブチャねこや刑事ジャガーでもよく知っていた。その後、松本零士先生の漫画やアニメに移行して、ますますのめり込んでいった私だった。

     ラジオドラマを聴きながら、私は小学生の頃を思い出していた。リアルタイムでテレビのヤマトパート1が放送されていた時、昔、航空母艦を作っていた父が一度だけヤマトを見たいからチャンネルを譲れと言ってきたことがあった。私は素直にOKしたが、「アルプスの少女ハイジ」が見たい妹はギャン泣きしていた。ヤマトのオープニングが聞こえていたので父は見ていたようだが、その後は見たいと言わなかった。私は、その時父と一緒にヤマトは観ていない。小学生女子には興味の無い世界だったし、もし見ても難しくて楽しめなかっただろうから。戦時中が青春だった父に、ヤマトはどのように写ったのだろうか?父は第二次世界大戦の記録本を沢山持っていた。本当の戦艦大和の姿も、父の本で見た。悲惨な犠牲者の兵隊さんのご遺体、白骨写真の本や、恐ろしい「悪魔の飽食」も読んだ。中学生の私には現実味が無く、それらは本当にあったことだと理解出来ていなかった。私が女だから、父はあまり若い頃の話はしてくれなかった。

 

そんな父を持つ私が中学生でヤマトファンになったのも何か因縁があるのかも知れない。ヤマトのストーリーは、どの作品もドラマチックで何度観ても感動してしまう。昨年おしくも天寿を全うされた松本零士先生の漫画のヤマトも新ヤマトもみんな持っている。冒険王も買っていたし、前は「銀河鉄道999」「キャプテンハーロック」などなど先生の作品は連載中も読んでいた。      ヤマトは子育てでイットキ離れてしまったが、ずっと私の心に残り続けていたのだ。多分この先一生慈しみ続けるだろう。  この時代に生きられて、本当にありがたいことだ。

   

どっぷりこS49

映画っていいもんだ 👍  32

 

ヤマト第一作の4kリマスターは結局5回鑑賞した。毎週特典が変わっていて嬉しかった。前回公開3日目に行ったと書いたが、公開4日目の間違いだった。本日12月28日で終了だが、圧倒的に男性のお客ばかりで、平日狙いで出掛けたためか、遅い時間だったからか、たった二人だけの時もあった。それでむしろ安心したのは、宝物を取られなかった感じがしたからだ。真冬の悪天候の中、頑張って歩いて行ったのは、この先良い思い出になるし1作品を5回も観たのは、これが初めてだ。☺️

ヒットした映画は一時的に話題になり興行収入で評価されるが、傑作と言われた作品がしばらくしてから「でも、あのシーンは変だな。」などと今度は重箱のスミをつつくように、わざわざ動画なんかで偉そうに否定されることが苦々しい。私はアニメに限らず、興味のある映画は観に行くのだが、良い作品だと思っているものを低評価されているのは酷く悲しいし、悔しい。好みや考えは人それぞれなのは分かるが、加減をせず、あまりにもボロクソに評価する人の人格を疑う。総じて、そういう人の眼は濁っているし、顔は歪んでいる。

ちなみに私の好きな洋画は「インターステラー」で、邦画では「容疑者Xの献身」と「永遠の0」がとても好きだ。残念ながら3作品とも劇場で観ていない。公開後にレンタルや口コミなどで知って大スクリーンで鑑賞できなかった作品なのだが、悔やまれてならない。     実を言うと恥ずかしながら、今回の劇場版第一作の「宇宙戦艦ヤマト」も当時観に行ってない。アホな私は、いつ劇場公開されたのかを知らなかったためである。後で知って、初めて観たのはレンタルビデオだったと思う。でも、もし観に行ったとしても当時の私には劇場版第一作の、面白さが理解できなかっただろう。SFなどに無知で興味の無かった女子中学生だったし、少女漫画が好きだった私には戦記物としか見れなくて難しかっただろうから。私はオールナイトニッポンラジオドラマ後に、どハマリしてテレビ放送版全26話のビデオを買ったので、映画版は「あれ?知ってるのと違う。」 と思っていた。「ヤマト」のシリーズはこういうことが多くあるので面白い。「それもまた良し」の様々なストーリーがあるのだ。

18歳の頃16ミリ映写機技師免許を取りに行ったことがある。当時テレビ放送されたアニメは16ミリフィルムが使われていたと思うが、何か役に立つかと思って講習をうけたが、結局一度も映写機の操作をする機会はなかった。でもハロゲンランプの熱さと物凄い光量、カタカタという小気味よいフィルムの回る音は覚えている。映画館でもフィルムが使用されていたあの頃。レコードやカセットテープ、ビデオテープも廃れてしまった。もう何十年も経過しているのに古き良き物は懐かしく、ハッキリと思いだされる。それは実家が電気屋の隣だったので、最新の電化製品を買わされていたからなのだが。💦

タイトーのヤマトのゲームが届いて任天堂スイッチで初めて遊んでいるが、一向に攻撃が当たらない💦 なので長く楽しめそうだ。敵機をバタバタ撃ち落とす撃墜王の古代君は凄いなぁと思う。たいしたもんだ。😁   もうすぐ2024年がやってくる。次は大ヒットした劇場第2作目4kリマスター「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」の公開が始まる! 私にはトラウマ作品だが気をしっかり持って、ハンカチを多めに用意して鑑賞する覚悟である。

 

どっぷりこS49

第一艦橋という職場                    31

 (4kリマスター公開をことほぐ🎊)

 

ほっぺかーるは、待ちに待った4kリマスター映画「宇宙戦艦ヤマト」を公開3日目の月曜に徒歩で鑑賞しに行ってきた。平日なので、とても空いていて他のお客様は、ごま塩頭の同年代の男性がほとんどだった。前立腺の病気なのか何度もトイレに立つ人がいて、気の毒だった。😓

主題歌後…おおっ!!画面、色彩がとても綺麗だ! まるで裸眼でなくクリアなゴーグルを着けて、澄んだ水の中をグングン泳いでいるようだ。

ああ、なんてダイナミックなのだろう!時の経過を思わせない、素晴らしい作画だ。ブラウン管テレビで流れたのでは、勿体なさすぎる映像なので映画では本当に映える。それに大画面なので今まで気が付けなかった小さい絵の細かな動きを捉えることが出来て、小さく「おおっ!」と歓声がでてしまった。中でも、動くのが不思議なくらい痛めつけられたヤマトは、背筋が寒くなるほど圧巻だった!ドリルミサイルと第三艦橋の無いヤマトは怖い!!  現代の目の肥え過ぎた若いモンには、とうてい理解出来ない宝物だ。長年の本当のファンだけで堪能すれば良い!今回の上映に尽力された方々に心から感謝したい。😊 あと2回は観るつもりだ。  興奮覚めやらず、しかし長々と感想を書くのは、粋でないので、次へ進む。

 

カッコいいヤマトの第一艦橋についてだが、雛段のような席の並びの作戦司令室でメインスタッフ9名と時々アナライザーと佐渡先生が働いている。どんなSFにも負けないデザインは、さすが松本零士先生だ!ヤマトは外見のデザインも美しいが、よりメカニックさを感じる第一艦橋はさぞかし描くのは大変だったろう。  常時、全員が控えているわけではないようだが、戦闘時には艦長の命令の元集合してテキパキと、それぞれ担当の仕事をこなしている。

一番奥にリフト式の艦長席が皆より高い段の上に鎮座しているが、あの場所から窓外を眺めるのは多少老眼気味であろう艦長方からすると、結構難儀な気がする。👓「艦長、見て下さい!」とムチャクチャ視力の良い古代君が外を指さしても、果たしてみえるのか?(古代君の視力は、推定5.0くらいと思われる😅) やはり一番視界がよいのは中央窓正面の、古代君の席だ。主人公だし、波動砲を撃つことを考慮されているようだが、なにげに右後を振り返ると、雪さんのレーダー席が見えるのも良い❤️雪さんは、いつも古代君の後ろ姿を見守っているのだ。💓  古代君の右横は島君の操縦席がある。なんか日本車の運転席のようだ。島君の後方にはヤマトの頭脳、真田さんの席があり、皆に的確なアドバイスをくれる。真田さんの隣は太田君がレーダーを見つめている。雪さんは医務室の手伝いなどで、いない時もあるので太田君は大事だ。 雪さんの隣は徳川さんか、山崎さんが座っている。徳川さんはエンジンルームに行くこともあるが、山崎さんは基本若い者にまかせている。  そして左側面、古代君より斜め後に波動砲を除く砲術管理の南部君が控えている。その横には通信担当の相原君が聞き耳を立てているが、戦闘時は艦載機と連絡を取ったりしている。

「ヤマトⅢ」で土門君が、戦闘訓練中に、おにぎりを配っているシーンがあるが、時間がないと沖田艦長も古代君も、おにぎりを食べながらモゴモゴ言いながら指示を出すことが、あるのかも知れない。ブラックタイガー隊、コスモタイガー隊は、お弁当持ちだろうか?それとも燃料補給時に、パクパクするのか?

宇宙戦艦の司令室は皆そうなのかもしれないが第一艦橋は、攻撃を受けやすいかなり危険な位置にある。艦橋部を守るように、ズラリと砲台が囲んでいるのもよくわかる。 私はヤマトのフィギュアで、艦内の構造がわかる色々と分解できるのを持っているが艦橋部をはずすと、少し情けない姿になるヤマトは悲しい💦ヤマトのカッコ良さの70%くらいは艦長室や第一艦橋のあたりなんだなぁと思う。本当の広さは絵の二分の一らしい第一艦橋。 あんなカッコイイ職場は他にない!!もれなくメインスタッフは全員モテる!! 

今年がもうすぐ終ろうとしている。ヤマトにとっても、ほっぺかーるにとっても大きく動いた2023年だった。