hotupekaaru’s blog

昭和ヤマトをこよなく愛している女

どっぷりこS49

艦長の器 ⚓      30

 

「宇宙戦艦の艦長になりたい。」と、23世紀の少年は将来の夢の作文に書くかもしれない。  巨大な宇宙戦艦を自らの指揮で縦横無尽に動かし、邪悪な異星人ヤローどもと戦い、みごと勝利するゲームのような世界に憧れるのだと思う。

だがしかし、ヤマトの物語を観ていると、「あんた死にたいのか?お母さん泣かせんのか?」と、思ってしまう。昭和当時「ヤマトの艦長は、必ず死ぬ。」とファンの間では、囁かれてジンクスになった。だから「ヤマトⅢ」で古代君が艦長に就任した時「ついに来たか!!………ヤバい………」😰と思ったファンもいたはずだ。  藤堂長官より仰せつかった堂々とした武士のような歴代艦長方は、皆この世を去った。沖田艦長も土方艦長も山南艦長も、もういない。ひとたび宇宙に出れば、ヤマトは次から次に災難にみまわれ、異星人との激しい戦争に巻き込まれてしまう。地球の危機を救うため、艦長は自分を犠牲にしてきたのだ。

NASAの宇宙飛行士は、遺書を書いて宇宙に行くという。(「宇宙兄弟」で読んだ) 地球防衛軍の戦士も、さらに危険な任務なのだから家族、友人宛に遺書を書いて防衛軍に預けてあるかもしれない。少年宇宙戦士訓練学校で書き方を習ったり、「遺書集」が出版されたりしている可能性もある。💧  初代の沖田十三艦長の前職はよく分からないが、土方竜艦長は訓練学校時代の古代君の恩師だったようだし、山南艦長は訓練学校の校長だということでキャリアエリートばかりのようだ。(山南艦長はなぜか名字だけで、名前が無い。💦)    眼光鋭いベテラン艦長揃いなのに、いくらヤマト艦長代理を務めたからといっても年若い古代君に艦長を押し付けるとは藤堂長官の人事計画は、かなり無茶だと思う。それに戦闘班長も兼任とは、

防衛軍始まって以来の大出世だろうが、古代君も「まさか、俺が!?」と思ったろう。 こうなったのには理由があったかもしれない。「ヤマトを君に、任せたい。」と他のキャリアに藤堂長官が話をしても、ジンクスのせいで家族に止められ辞退した人がいたということも考えられるからだ。😓断わられ続け、古代君に貧乏籤がまわってきたのではと、勝手にほっぺかーるは思う。😁それに故人沖田艦長が使った艦長室なんか使いたくないだろう。ベッドなどは新品に取り替えられただろうが思い出が残り過ぎて薄気味悪いのではないだろうか?古代君も艦長室じゃなく士官室で寝ていたし。   艦長が亡くなって艦が無事残るというのは稀なケースではないか?

 

「ヤマトⅢ」第3話で古代君は艦長の使命の重圧に潰されそうになり、「今船を降りたいのは俺のほうだよ」と切なそうに、強気な彼にしては珍しく雪さんに弱音を吐いている。そんな古代君が苦しんでいるのを知って涙ぐんで、そっと抱きしめてあげる雪さん。雪さんにだけは本音を打ち明ける彼だが、二人の関係性にきゅ〜ん💓とするシーンだ。(古代君はいっそ、雪さんもヤマトから降ろして二人で転職しようと考えたか?😅)

「完結編」冒頭ディンギル星での犠牲者を出し、ハイパー放射ミサイルで多く犠牲者を出してしまった古代艦長は、もう心がズタズタになってしまった。責任をとるため自ら艦長を辞任してしまうが、本当に可哀想で見ていられない。残念だけど彼に艦長は無理だったのだ。その器でない人だったのだ。無理もない、早すぎた出世なのだから。  結局蘇った沖田艦長が就任し、そして二度目の最後をむかえることとなるわけだが、沖田艦長は古代君を艦長代理に任命してしまった責任をとったとも言える。古代君は主人公だから、重要な立場に置かれるのはしようがなかったのだろうが、沖田艦長の人選ミスも否めない。古代君の決断力と分析力をかったのだろうが、艦長代理は冷静で年長な真田さんが適任だったと思う。 古代君が苦しむのは見たくない!生き生きと天職の戦闘班長をやってほしい!

 

ヤマトがなくならない限りジンクスは消えない。だから、これ以上犠牲者を出さないため「完結編」以後ヤマトは再生させないのが最善なのだ。ヤマトの替わりの艦は、もっと縁起の良い名前をつけるといいだろう。  ハライタマエ、キヨメタマエ…

 

さて、4kリマスター公開まで秒読みに入った!!世間で、どこまで話題になるのかわからないが粛々と進んでほしいと思う。ヤマト制作スタッフ故人の皆様方も、お喜びのことだろう!!旧作ファンも大喜びしている!!   さあ、熱い冬がくる!!!😄☃️

 

どっぷりこS49

「新たなる旅立ち」は新鮮  29  

 

ヤマト作品の中でテレビでロングタイムスペシャルで放送された「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」は、テレフューチャーヤマトと呼ばれたりする特別な作品である。 その物語は「ヤマト2」の話の続きになるので、絵も設定も、すんなり入っていける。それぞれのキャラの性格や葛藤がとても良く表現されているこの作品も、ぜひカットされたシーンをしっかり入れてリマスターしてほしいものだ。

 

爆風で派手に吹き飛ばされたはずの南部君が退院のシーンではいないし、後遺症もなく無事だったのにはビックリだ。「前からいたんだわ🧡」と山崎機関長が初登場したのにはヤマトらしい展開を感じる。💦 名BGM「コスモタイガーのテーマ」がピッチピチの明るい若々しさと、何かやってくれそうな軽やかなイケイケでアゲアゲ感を醸しだしてくれた。カセットテープで音楽集を買った私は、この曲をテープがヨレて再起不能になるまで繰り返し聴いたものだ。そして物語は準主役のデスラー総統の人間らしい心の葛藤のドラマが、彼のキャラの魅力に一層磨きをかけていて、ラジオで「見た目が自分に似てると言われる😊」と仰っておられた西崎プロデューサーのデスラー愛が溢れ出ている。ユーモラスで軽快なBGM「ツンパのマーチ」は宮川泰先生が、西崎氏いわく「キチガイみたいに早く作られた曲😄」だそうだ。楽しそうでなによりだ。「ヤマト2」から1ヶ月後の物語という設定は「少し早すぎたかな😅」と西崎氏。確かに、地球の復興の早さや英雄の丘の白色彗星帝国の戦いで逝った方々の石碑が出来上がっていること、新人教育のための出航の迅速さ等を考えると真田さんの「大したもんだな…」のセリフのように感心するしかない。クルー生存者は、ちゃんと休暇が取れたのか怪しい気がして少々慌ただしいヤマト周りだ。💦

ニューキャラの声優さんも豪華過ぎて驚いた!名作の主役を演じられた方々で溢れかえっている!「機動戦士ガンダム」の古谷徹様、古川登志夫様「キャプテンハーロック」の井上真樹夫様などなどヤマトで新人扱いされるとは驚きである。特にその後のヤマト作品に出続ける徳川太助君役の古谷徹様の演技が素晴らしく上手い!!アムロとはまったく違って、初々しい跡継ぎの三枚目キャラ太助君を見事に演じている!「いちいちオヤジ、オヤジって言われたんじゃ…」とブツクサ文句を言っていたのが、そうだよなぁと微笑ましい。新人にやかましいくらい檄を飛ばす山崎機関長は私の好きなキャラだ。山崎奨(すすむ)さんという名前で古代君と字は違うが名前は同じなのが面白い。きっと奥様も子供さんもいるだろうなぁと思うが、あの雰囲気の年齢のキャラはヤマト艦内では新鮮だし寺島幹夫様の声はぴったりだ。ベビーサーシャの声優さんが誰なのか書籍で探しても不明なのはなぜだろう?スターシャさん役が平井道子様から「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」でテレサを演じた上田みゆき様に交代されているが、見事に気高く薄幸な母女王様を演じている。テレサとはまったく別人の印象だ。  欲をいえば古代守さん役の広川太一郎様の出番が、もっと欲しかった。なにげにイスカンダルに残ると予測してたであろうが、最愛の妻を亡くした守さんの悲しみは、潔く静か過ぎたと思う。その後の「ヤマトよ永遠に」でも、名優イケボ広川様の贅沢な使い方をしている。せっかく兄弟そろったのに掛け合いが少なくて残念しごくだった。テレビで声優クイズに司会広川様とゲスト富山敬様が出演された際にも「兄さん」「進」と戯れていたのが和やかで印象深い。同じく真田さんと守さんのシーンも、もっと欲しかった。「ヤマトⅢ」のファンタム星の真田さんの幻影に登場する守さんとスターシャさんからわかるように、二人には特別な思いがあるだろうから。(サーシャ真田澪や亡くなった姉があらわれなかったのはハテナ?であるが人数制限があったのだろう。)スターシャさんとはコスモクリーナーを譲り受けた時、真田さんは会話しているはずであるし、名優青野武様の熱演をもっともっと観たかったので尺の都合なのかカットシーンが多く、放送されなかったのは本当に残念である。  経緯や回想を丁寧に入れたりしていると話は長くなりそうだから仕方ないのだろうが、映画とテレビの世界線は少し違っているから色々と

しょうがないようだ。なので島君の悲しいテレサへの愛は「完結編」の雪さんへの告白で、木っ端微塵になっているのが複雑だ。なかったことにされたのだろうか?💧 イスカンダル星はワープスピードまで加速したのに台風並みくらいの被害で済んでいたのは優れた科学技術のお陰なのだろうし、暗黒星団帝国が翌年にニセ地球をしっかり拵えて攻めてきたのも同じことなのだろう。💦毎年のように最強最悪の異星人が攻めてくる地球は、きっと口コミで侵略チョロいと舐められているのかもしれない。      おそらく安彦良和様作画であろうベビーサーシャはとても愛らしい仕草で流石だと思った。子供らしい動きはガンダム、クムクムでもそうだったが本当に安彦様は上手いなぁと思う。「さらば」の時も担当したカットのキャラは、確かに見た目はモロ安彦様流だったが動きが作品内の他の作画より、ずば抜けていたと思う。    日本アニメの歴史に残る一閃を放った名作ヤマトは、その時代に縁合って巡り会った様々な

才能努力の結晶で出来上がっているのだ。そういうのは何年経過しようが、まったく色あせることはないと、リメイク作品に興味がない私は思う。作られている方達に失礼だと思うが、ひねくれ者のほっぺかーるは、「リメイクをするというのは、偉大な旧作品を一所懸命作った方々に対して無礼なのでは?」と考えるのだ。   

どっぷりこS49

ハタチの結婚と22歳の結婚 🎎 28

 

前回に書いたが私は映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」がトラウマになっている。ストーリーが悲劇過ぎるからだ。大好きな主人公の二人が結婚式もしてないのに若くして死んでしまうのが辛すぎてイヤなのだ。今リアルに考えると本人達が良くても、残された人達の悲しみは、どれほど大きかったか、特に雪さんのご両親は、愛娘の幸せな結婚を望んでいただろうにと……。 古代君と雪さんの結婚を当時とは違う目線で少しクールに、ほっぺかーるなりに真面目に考えてみた。

 

二十歳の二人は本当は3日後に結婚式だったのに、古代君の直感とあふれる正義感のせいで、ドタキャンになってしまった。💧      令和からすると若干ハタチで結婚は早すぎると思うかも知れないが、昭和じゃ普通のことだった。ヤンキーだらけだったし、むしろ25歳過ぎた女は売れ残りのクリスマスケーキと同じと言われてたし、30過ぎは高齢出産と言われていた。男性も家庭を持ってこそ一人前だと言われていた。なんとも失礼な決めつけである。社会の奇妙な通説に踊らされてアホな私も良く考えもせず、あせってアホな男とさっさと結婚したし、30前に産みきった。昭和の女は若い時から、いらない苦労をするようになっていた。今ならわかるが人権無視の誰かの陰謀なのか、おかしな馬鹿な時代だった。 

        さて雪さんのご両親は、真っ青になり、さぞかし怒り狂っただろう。ほっぺかーるも母親なので、ご両親が親戚や出席者に謝ったり、式場にキャンセル料を払ったりとあたふたすることが想像出来て、とても気の毒だ。そりゃ宇宙的危機が迫っていたのはわかるが、3日かそこら待てなかったのか?そもそも乗組員の食料など物資の発注、積み込みで、時間がかかっていただろうに。それに古代君は、ヤマトを私物扱いしている感もある。もうちょっと冷静になって、真田さんとか徳川さんとか人生の先輩が別の考えを述べなかったのが不思議だ。  せめて結婚式やってからテレザート出発とかではダメだったのだろうか?古代君は雪さんをイカズゴケにするつもりだったようだが、彼女が素直に地球で待っていてくれると、都合良く想像したのが間違いだ。宇宙の危機は察知しても、残念ながら恋人の行動をまったく予測出来ないニブイ男なのだ。この時は交際期間が短くて、まだお互いの考えが読めないせいもあったと思う。

話がおかしくなりそうだが、勝手にヤマトを使用し謀反を起こしたと言われる状況からして、古代君も雪さんもご両親に黙って(「ごめんね」の手紙くらい置いていったかもしれないけど🤔)行ってしまったと思われるので、若い二人はたちが悪い。そして二人共戦死してしまう。しかたなかったのだろうが、やはりこりゃ自分勝手さもあると思う。古代君には、残された雪さんのご両親の気持ちを考えてほしい!可愛い娘を戦争に連れだすきっかけを作り、結婚もしてやらず、苦労ばっかりかけ、大怪我をさせ、挙げ句死なせる婚約者をご両親は恨まないと思うのだろうか? そして私が雪さんなら憧れのウエディングドレスを着れなかった無念さで、成仏できん!雪さんは耐える女性なので、男にとっていい女過ぎる。          本当は「あなたは私のことなど何も考えていない!」と少しは怒ることも出来たはずなのに。これは令和の女性なら当然のことだろうが、昭和はまだまだ古臭い男尊女卑が色濃く残っていて、男性の気持ちが優遇されている時代だったからこういう話になってしまうのだ。こういう場合、せめて婚約解消してから出発するのがスジだろう?😡女はどんな時でも耐え忍ぶのが美しいと思われていたから昭和演歌でもそういう都合のいい歌詞が歌われた。現代なら、とんでもないことなので非難囂々になっただろう。演歌が今流行らないのは当然だ。 話はそれるが、私は現実の女性が夢みている結婚の幸せは、まったくの幻想だと歳を重ねてきて確信した。令和で若かったら私は結婚なんてしなかっただろう。今の方が真実がハッキリとしていて正常な時代だと思うし、今の若者はきちんと自分の考えがあって社会の嘘を見抜いているので立派だ。「今この人を好きだから、多分この先も好きだろうし、一人は寂しいから」と無責任な結婚は不幸な人が増えるだけなのだ。特に子供が迷惑する。男女わかりあえるのは作り物の話として、叶うはずのない理想でいい。それは、これからの時代もっとハッキリしてゆくだろうし誰もが目が覚めていくと思う。                                       

なんの話なのか訳がわからなくなってきたが、閑話休題「ヤマト2」で、生き延びた二人は「ヤマトⅢ」でいい歳になってしまい、もはや長年連れ添った夫婦さながらの落ち着きがある。相変わらず仲良しだが「結婚はどうなるのだろう?」と思っていた。「新たなる旅立ち」で結婚してもしなくてもいいみたいなこと言ってるし、この作品で、なんかやたら雪さんが色っぽくなっている。とある人は二人は同棲しているのだろうと推測していて、なるほどこのまま内縁の関係でいくのかと思っていた。ファンの中には、古代君が、雪さんが好き過ぎて、ファンみんなのものの二人として、「ずっと恋人同士のまま、それも良し❤️」と考えた人もいたようだが。

「完結編」二人は22歳、沖田艦長にハッパをかけられるように結婚したが、艦長に言われなかったらダラダラとまだまだ

先伸ばしにしていたのでは?物語としては「良かったね。お幸せに!」なのだが、22歳の結婚で良かった。23歳では、あの当時では「ん?少し遅かったんじゃね?」だったかも知れない。ウエディングドレスの雪さんは綺麗だった。 

 

「新たなる旅立ち」の結婚しなくても幸せは、有りだと思う。当人同士それならそれで良いし、周りの世間体的意見より二人の考えが揃っているのが一番良い。いつまでも仲の良い理想のベストパートナーであって欲しいのは現実でない人達だから、あり得ない夢をみせて欲しいから…………………

どっぷりこS49

「さらば」はトラウマ   27

 

映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」が怖い!!😱😱😱

 

ほっぺかーるは昭和の「完結編」までの宇宙戦艦ヤマトが大好きな女だが、実を言うと「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」(以下「さらば」と略する)がトラウマになってしまって、何十年たってもダメで、最近までその映像や音楽を避けていた。ジュリーの「ヤマトより愛をこめて」を聴くと、背筋が寒くなるのだ。この作品だけは「頼むから勘弁してほしい💦」と思うレベルだった…………………私にとっては、どんなスプラッタ映画より恐ろしいのだから。

 

続編映画上映決定を知ったのは、「キャプテンハーロック」連載中の雑誌だった。その特集で「さらば」の絵を最初に見た時、あまりにもパート1とキャラの顔が違っていて驚いた。第一印象は「なんかアニメ「巨人の星」っぽいと思った。パート1の少年マンガ的で線の多い絵柄の雰囲気がガラリと変わってしまい、「ずいぶんスッキリして華奢になったな」と感じた。まあ、パート1で苦労したが、その後の幸せな古代君と雪さんが観れるのだと、凄く嬉しかったのだ。そして声優さんが同じなので安心した。世はすでに声優ブームだった。テレビにヤマトの声優さん達が出演されたりして、憧れの眼差しで観ていた。「アニメージュ」だったかで花井幸子先生デザインのウエディングドレスを見て「そうか。結婚式やるのか❤️」とワクワク感いっぱいだったのに…………しかし、しかし、何!!!?

 

違っていた。   「何!?この転回は!!」と鑑賞途中に何度も思った。💧  事前にテレビで主人公が死ぬと情報があったのを見てしまったが「うそ!!?」と思っていた。だが確かに、どんどん悲惨な状況になってゆく。  雪さんが亡くなり、土方艦長が亡くなり、山本君が、斉藤さんが、真田さんが、加藤君が、徳川さんが、佐渡先生とミーくんまでも星になってしまった。そして最後は古代君まで……… 

私は頭の中が真っ白になった。周りの人達は、皆ぐすぐすと泣いていたが頑固な私は「泣くもんか!」と、こらえていた。  ラストのヤマトが一条の光になった時、中学生の私は人生で初めて絶望を知った。そんな時は涙なんか出やしないと知ったのだった。

上映後は呆然としてしまい、一緒に観にいった友人に「アンドロメダの電飾綺麗だったわ…」と訳わからんことをボソッと話した。   そして家に帰ってから恐怖が襲ってきた。「若者も死ぬ時は死ぬんだ」ということがわかって真っ暗な気持ちだった。まさか戦争中の不幸な「特攻」と言う物を見せられるとは………   「さらば」のストーリーは本当に納得いかなかった。だって、雪さんは前作で生き返ったじゃないか!なのになんで又死なせるの!? なんで!?なんでー!?大好きな2人が結ばれることなく消えるなんて、そんなバカな!!

 

「さらば」は空前の大ヒットを記録し、様々なメディアが話題にした。アニメの可能性が一挙に日本中に周知された。学校でもみんなの話題は「さらば」ばかりだった。おしゃれな女性雑誌までにヤマトクルーの追悼特集が載ったりした。

その後放送された「ヤマト2」はアニメ雑誌で主人公の2人は死なないと書かれていたので安心して観ていられた。松本零士先生が仰っておられたように「若者は死ぬべきでは無い」に思いっきり同感した。あんなラストは古代君と雪さんに、ふさわしく無い!!! 

 

そしてヤマトは、しばらくシリーズ化されることになる。「完結編」は私にとって、最後のヤマトのストーリーだ。あれこそ2人の結末にふさわしい💞!!「さらば」を否定するつもりはまったく無いが出来れば、さよならは笑顔で言いたいものである。    作品としては、素晴らしかったから、違う世界線の話だとなんとか自分に言い聞かせたい。その「さらば」が約45年ぶりに劇場に帰ってくる!!   いまだにトラウマは消えていないが、ヤマトファンとしては、やっぱり観にいきたい!そして今度は思いっきり泣いてこようと思っている。トラウマ克服のため「さらば」風イラストを描いてみたが、凄く苦しかった。しかし将来、私が成仏するには必要なことだ。 

 

関係ない話だが、任天堂のゲームで「どうぶつの森」シリーズがあるが、64から子供に買ってやって私も楽しくプレイしていた。そこで「やじるしのふく」という、どうみても古代君の制服だと思われるアイテムが昔登場していたことがある。あれが、いつのまにか無くなっている。私は「ポケ森」が好きで、よく遊んでいるが「ヤマト」という名前の顔のカラーリングがヤマト色のワニがいる。開発者は代々ヤマト好きな人なのだろうか?ちなみにユキやマモルまで登場する。さすが任天堂遊び心があるなーと思う。       今年はキンモクセイが咲くのが遅かった。しかしこの冬の楽しみは山のようにめじろ押しだ!

どっぷりこS49

すべてヤマトのおかげ😊  26

 

ほっぺかーるは中学生の時「宇宙戦艦ヤマト」を知ってから、その恩恵を受けてきた。ほとんど10代から20代前半の話だが、思い出したので少し書いてゆく。

1️⃣「ジ.アニメ」というアニメ専門誌を毎月買っていたが、そこにポスターカラーでハガキに映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」でかなわなかった古代君と雪さんのウエディングショットを描いて送った。花井幸子先生のウエディングドレスを雪さんに着せてあげたのだが、イラスト投稿コーナーに載ったので粗品としてガンダムの小銭入れが送られてきた。🤔いらないのでガンダムファンの友人にあげた。スマン。

2️⃣某有名女性週刊誌に、下着の絵をデザインするのがあったので送ったら大賞を取って3万円もらった。商品化された。賞金でカメラを買ったが、あっという間に身内に紛失された。😭

3️⃣地元チェーン店の折込みチラシに絵が採用されて、新聞と一緒に配られた。アイスクリーム券をいっぱい貰った🧡

4️⃣地元新聞の夏祭特集のため4コマ漫画を募集していたので送ったら、3千円貰えた。

5️⃣バイク専門誌に動物が乗ったスクーターのイラストを送ったら5千円貰った。女子の投稿は珍しがられた。当時ホンダVT750に憧れていたが愛車はスリーターのホンダストリームだった。(おしゃれなストリームに乗りたくて、なんと自転車に乗れなかった私は必死に練習した。💦)しかしあまりにも運動神経が無く、ストリームで何回もこけたため大型免許は諦めて自動車免許で我慢した。ちな愛車はほとんどスズキ車で、ラストはゴールド免許でジムニーだった。(もう車いらないので早期免許返納した😀)

6️⃣ヤマトのスキャットを真似していたら、大きく発声が出来るようになって歌の成績が良くなった。今でもカラオケで90点以上出せる曲があるのが嬉しい。 それと音読が良かったらしく現国の先生にかわいがってもらった。

7️⃣服飾系学校だったので、自分で型紙からおこして、古代君の制服(トップスのみ)を真似て足踏みミシンで縫った。(コスプレのハシリ?) ネルという素材でファスナーを着けて、オープンジャケット風にしたが中々上手く出来て友人に褒められた。学校の作品は最悪で超下手くそなのに…なぜだ??

 

物品や賞金を貰えたのは、ヤマトや松本零士先生の絵を真似して描いていたからだが、落選も多く美術の成績は全然良くなかった。でも好きなことなので、この年になって絵を描く趣味があって良かったと思っている。    ろくに個性のない私に個性を授けたのはヤマトだ。     ありがたや!!

どっぷりこS49

ヤマトと天文学ちょっぴり⭐

      25  

 

どうやら宇宙というのは無限では無いらしい。地球の優秀な人々はまだ見ぬ物を予測できるようだが、明日の地震一つ予測出来ないのはとても残念だ。   人の頭で想像できることは限りがあるし現実の辛く、つまらない生活の中で実際目で見た物しか信じられない私は、日頃宇宙の広さのことなど考えない。 しかしヤマトに出会ってから、地球、月そして宇宙に少しだけ興味をもてた。🌜  普段は平らにしか感じない地面は実は丸いのだと理科で習ったし、太陽光で明るい地球の青く美しい姿をNASAの写真で見せられ、やっぱり丸いんだなぁと特段なにも感心しなかった。🌏 月はアポロが到着した時リアルタイムでTVで見たが殺風景で何もなく、つまらない所だった。かぐや姫もいないようだし、UFOも着陸していなかった。 なぜか裏側を地球に絶対に見せないのは不思議だなぁと思うし、それに私は辛いことがあると外に出て月をながめて「これから、どうしよう…」と苦しんでいた時が何度もあって、月にはお世話になっている。 そんな夜、野良猫がそばに来たりしてナデナデさせてもらったり、泣いたりしていた………🌝

     だいたい宇宙など一部の超優秀な選ばれた人しか行けないのだし、一生縁の無い空間なのだが、ヤマトのロマンティックな物語を通して中学生の時の私はいっとき星空に、はまってしまった。🌠天体望遠鏡で月のクレーターを観察したし、写真もカメラ好きの父に頼んでトライXというフィルムで月を撮ってもらったが、ただの光の塊にしか写らなくて残念だった。星の図鑑で太陽系の惑星や星雲の写真をながめて、ウルトラマンのM78星雲が本当にあるのだとわかり、馬の首や薔薇に似た星雲があるのだと知った。星座の型や物語もロマンティックだ。  太陽系でヤマトがよく戦いの舞台にする冥王星準惑星に格下げされたが、私が魅かれたのは木星の巨大で個性的な姿だ。1979年ボイジャー木星で環を初めて観測した。さすがSF、ヤマトはすぐさまその年の作品「新たなる旅立ち」と翌年の「ヤマトよ永遠に」の背景の木星には、しっかりと環が描かれていた。木星は初めてヤマトが波動砲を発射した場所だが、見た目が恐ろしく不気味なのが良い。  話は変わるが、その姿と違ってホルストの「惑星」のジュピターは壮大で壮麗な名曲だし平原綾香様の歌も、とてもスケールがデカイ素敵な曲だ。ほっぺかーるはダイナミックなクラッシック音楽が好きなのだ。

            スピ的に人は死ぬと魂だけになり、どこへでも行けるそうなので、もし私が死んだら木星へ行ってみたいと思う。そしてまだ飛び続けているボイジャーも見て来たいと、夢みている。😇   しかしせめてヤマトのリマスター版を全部観るまで死ねないし、今日も貴重な昭和のヤマト本が届いてテンション爆上がりの、ほっぺかーるだ!死ぬまで生きるぞ!

 

どっぷりこS49

ほっぺかーる目線のヤマト  24

 

 ヤマトのアニメを観ていてると、フツフツと疑問と妄想が湧いてくる私。🤔  いっぱいあるが、その中で気になることを10個だけ書いていく。

1️⃣私はアパレル制作で長く仕事をしていたので、ヤマトの制服の素材がとても気になる。作品ごとに作画監督様の設定の違いなのだろうが、シワの入り方が違うので勝手に素材が変化したのだろうと思っている。宇宙でも対応可能な制服の洗濯ネーム(洗濯表示ラベル)を見てみたい。どういう縫製なのか、地肌に直接着ているので発汗性、吸水性があるんだろうななどと考えてしまう。夢のような素材だ。(まあ、そうなんだけど)

2️⃣ヤマトは値段をつけるとしたら、いったいいくらなのか?アンドロメダはヤマトより高額なのか?波動エンジンや波動砲は単品でいくらか? アナライザーはいくらなのか? おそらく膨大な地球防衛軍の年間予算はいくらなのか? 知りたい。

3️⃣ヤマト乗組員のヘアカットは誰がやっているのか?   宇宙葬用の棺桶カプセルは、常時いくつ在庫が置いてあるのか?どこに保管しているのか?衛生上の都合から宇宙葬にしているのか?

4️⃣沖田艦長のベッドには固定ベルトは付いているのか?戦闘中に、転げ落ちることはないのか?亡くなった後、遺体はすぐに冷凍保存されたのか?蘇生手術は、いつ行なわれたのか? 療養中は、どこにいたのか?英雄の丘のことは知っていたのか?

5️⃣結婚した後、雪さんは古代君を、なんと呼んでいたか?「進君」と名前では意地でも呼んであげないのか? 

防衛軍からご祝儀は出たのか?色々手厚そうだが。

6️⃣イスカンダルのダイヤモンドを地球に帰る前に盗んだヤツはいなかったのだろうか?イスカンダルから他に食料とか技術とかの提供はなかったのか? ヤマトはコスモクリーナーDのお返しに、何かお礼の品物等を渡したのか? もらいっぱなしだと恥ずかしいと思う。

7️⃣白色彗星帝国の蘇生技術を残骸から発見して、沖田艦長や古代君の蘇生に使ったのか?他の敵異星人の残骸からも、技術などを盗んで地球のために使っているかも?    真田さん、ガンバレ!

8️⃣「完結編」で古代君は艦長辞任の辞表を提出したが、その後どうするつもりだったのか? 失業するつもりだったのか、平戦士でやるつもりだったのか? 雪さんのヒモになるつもりは無いと思うが………

9️⃣コスモクリーナー後、地球の自然は完全に元通りになったのか?植物や生物などは復活しているのか?2201年には鯨とか海にいるのか?季節も天候も戻ってきたのか? 「ヤマトⅢ」で日本アルプスでは雪が積もっていたが、南極や北極はどうなっていたのか?

🔟地球で生命を落とした暗黒星団帝国の兵士達の遺体は、みんなどうなったのか?アルフォン少尉の遺体は? 解剖は、されなかったのか?どう処分したのか?それとも保存してあるのか? 地球の技術進歩のために色々と、おぞましいこともやっていそうだが。

 

暑かった2023年の夏が終わろうとしている。私の好きな秋がやってきた。梨や林檎を前にして2199年には食べられなかっただろうなと妄想は続く。